2005年09月22日

暑さ寒さも

お彼岸ですな。

朝晩ずいぶん涼しくなったのを甘く見て
いち早く風邪を引いてしまった。

今回のは腹に来た。ものすごい勢いで急降下だ。ぐるぐる。
今日午後だけでも10〜12回は通った。きゅるきゅる。
終いには血便が。うが。

去年の春、大腸ポリープ切ってるしなあ。
今回のこれって、再発、かなあ。やだなあ。

こんな風に、この日記もだんだん
病気やら何やら年寄り臭い話題ばっかになっていくのか。
ううう情けない。

体が弱ると思考が暗いほうへ暗いほうへと向くのが
すごくよくわかる。

元気でいることは、本当に大切なんだと
しみじみ思った。
雲さん(浮浪雲)は、正しい。





posted by 鉄 at 22:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月21日

お口の恋人

空が高い。

こないだまで入道雲が暑苦しく繁殖していたのに
もう、秋の空だ。諸行無常。

巷では、運動会だの
行楽シーズンだの
番組改編スペシャル番組だのと
喧しくなっておりますが。

秋といえば、
チョコレートでしょ、これ。

先日観に行った「チャーリーとチョコレート工場」でも
ジョニー・デップより
ウンパ・ルンパより
とろけるチョコレートの映像にときめいた私。じゅる。

そういえば、キアヌ・リーブスの「雲の中で散歩」も
ストーリーより何よりキアヌが持ってるチョコレートの箱が
気になって仕方なかった。
「マイフェアレディ」でイライザが教授に半分こしてもらうチョコも
おいしそうだったなあ。

これからの季節、ウィスキーにも合うしなー。
寒いのが苦手な私の、ささやかな楽しみなのだ。













posted by 鉄 at 12:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月20日

北ちゃん、オソに会ってくれ。

本の雑誌10月号の特集記事は
「がんばれ翻訳ミステリー」。
え、翻訳ミステリーってそんなに売れてないの?と
意外な感じがしたのだが、どうも思わしくないらしい。

そう云われてみれば、私の友達にも翻訳モノは苦手という人が
けっこういる。登場人物の名前が覚えられないというのだ。
見慣れぬ名前が出てくる度に巻頭の人物紹介をめくっては確認する
というような面倒くさい作業を強いられるとあっては
敬遠するようになっても無理はないかとも思うが。しかしなあ。

なんとももったいない気がするのだ。
英会話スクールのCMじゃないけれど、最も手軽にできる
異文化コミュニケーション・ツールじゃないですか。
一度も飛行機に乗ったことがなくったって、
南の島のぬるい空気と甘い花の香りを感じることができる。
寒いところと高いところが苦手な人でも、
標高6,000メートルを超える山々に挑戦し続ける人達の熱い心に
思いを馳せることができる。
SFなんて異世界・異次元にも跳んでいけるんだぞ。

英語の原書を読むことができる人はいいけれど、
多分、ほんの一握りだろう。
その他の本好き達は(私も含めて)お気に入りの作家の本が
翻訳されて出版されるのを、お預けを食らった犬宜しく
よだれたらたらで待っているのだ。
出版業界もいろいろと大変みたいなんだけど、
どうか頑張って欲しい。

北ちゃん、たまには面倒くさくっても翻訳モノ読んでみ。
きっと読み終わったあとの感動はひとしお...と思うけどな。





posted by 鉄 at 10:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月05日

すれ違い人生

一本道を歩いていて、途中ちょっとした障害物(電信柱とか、
野放図な停め方の原チャリとか)があるとする。
ふと見ると、向うからも誰かが歩いて来る。
距離的にちょうどその障害物のあたりですれ違いそうだ、と思って
少し歩く速度を変えてみたりするんだけど、なぜか意に反して
ピッタリのタイミングでその狭くなった地点ですれ違ってしまう。
なぜだ。
意識しているからいけないんだと思い、あえて前方から注意をそらして
通り過ぎようとするんだけど、やっぱり敵はタイミングを合わせてきやがる。
なぜだ。

相手が通り過ぎるまで待つのも癪だし、
かといって走って先に通り過ぎるというのも
なんとなく負けたような気がしていやだ。

一体誰の陰謀なのだ。
posted by 鉄 at 11:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月04日

MAXIMUM NOISE FACTORY Vol.5

昨日、何年振りかでLIVEハウスへ行った。
会社の後輩の友達がバンドをやってるというので
聞きに行ったのだ。ヘヴィ・メタルだと。

今回のLIVEは、メインのバンドからの声掛けで
5つのバンドが集まってやる、まあイベントのようなものだ。
当然、メインのバンドとテイストの似たやつらばっかりかと
思いきや。なかなかに面白い取り合わせでしたよ。

インディーズ・バンドばっかりなので詳しくは書かないが、
彼らの音楽を聞きながら強く感じたのは、
音楽好きなやつらはやっぱいいよな、ということ。
好きな音楽のジャンルが少々違ったって
音を楽しむことに変わりないし。
・・・死神でなくともね。

しかし、久しぶりに行ったもんで
なんだか照れ臭くって参った。
最初の辺はなんかリハビリのような感じで
ただ聞き入っておりましたよ。LIVEハウスなのに。

以前、新宿ロフトへケントリのLIVEに行った時
ネットで知り合った子達と一緒だったんだけど、
彼女達はこう言い放ったね。
「うっとりするな、盛り上がれ!」
すみません、つい、一人だと人目が気になって。

でも、ビールを一本空けた頃からだんだん良い感じに
盛り上がってきて、4バンド目くらいからはもう踊りっぱなし!
すんげえ楽しかった。また行きたいなあ。

しかし、SMACK−DOWNのサムさん、
足の怪我はちゃんと治したほうが良いですよ。


posted by 鉄 at 22:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。