2005年10月28日

粉の誘惑

私はほぼ週イチのペースでお好み焼を食べる。
広島在住なので当然「広島焼」。基本である。

広島っ子なら皆、ガキの頃の刷り込みでお好み焼の味の好み
(ややこしい)が決まっていて、ごひいきの店がある。
どんな小さな町内にも必ず1軒か2軒お好み焼屋がある環境に
住んでいれば当然そうなってしまうだろう。

ただ、昔よく通った(味を刷り込まれた)店というのは、
大体おばちゃんかおばあちゃんが一人でやってる小さな店で、
久しぶりに行ってみるとなくなっている、ということがよくある。
そしてそこから、「あの店のあの味」を求めてお好み焼行脚が始まるのだが、
幸いなことに私は近所に1、2軒旨い店を見つけることができたので、
毎週土曜日の昼にはせっせと通っているという訳だ。

この、「土曜日の昼」というのがお好み焼を食べるのに
最も正しい時間だと思う。なぜなら、これもやはり
子供の頃、土曜日は半ドンで学校が昼までだったので
親が共働きの鍵っ子達は小銭と卵(当時は家から持っていって
入れてもらうことができたのだ)を大事に抱えて、おばちゃんの
お好み焼屋へ走って行っていたからだ。

粉をといてクレープ状に丸く伸ばす。
キャベツともやし、豚肉とイカ天。
そば入りにするか、うどんにするか。
(私の最近のお気に入りはモチ入り)
お好みソースをかけて葱と白ゴマをトッピング、
最後に一味唐辛子をふりかけて、ヘラ(これも重要)で食らう。
うおお腹減ったー。
おっちゃんおばちゃん、明日も行くよー。

posted by 鉄 at 12:25| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。