2005年12月29日

紋切り型会話撲滅に1票

中学生の時「源氏物語」を読んで、
(大人になってケッコンするとしたら、絶対通い婚で)と
心に決めていた為か、未だ相手現れず独身の鉄です。こんにちは。

あなたは誰かから
「相手の立場になってみろ」
といわれたことはありますか。

私は、以前お付き合いしていた相手に
異性の友達と飲みに行ったりして欲しくないといわれて、
「浮気をする訳でもないのに、なんでいけないのか」
と言い返したところ、
「じゃあ自分が相手に同じ事されても平気か」
と云われて、はっとした覚えがある。
情けない話だが、一度として逆の立場を考えたことがなかったのだ。
そんなあんぽんたんだったので当然のごとく振られてしまったが
これは己の想像力欠如を嘆くべきだろう。

陳腐な例で恐縮だが、
想像力を持たない人間が如何に簡単に人を傷つけ
しかもそのことに気づかないでいるか、ということなのだ。

まだ人生経験の浅い子供なら仕方ないこともあるだろうが
この記事のようなええトシしたおっさんが「気付かなかった」と言い訳するなど
みっともないことだと思いませんか。

この情けなさは私のつたない文章ではうまく伝えられないので
是非こちらを読んでみて

まあこれも、あんまり相手の気持ちを想像してばっかりだと
(あ、もしかしたら今の一言余計だったか)
(あ、あ、やっぱり昨日のあれって違う意味なのか)
(いや、いやいやいや違うぞ。こういう顔するのはきっと)
(ああああ、も、もしかして去年言ってたあのアレは・・・)等
たいへん疲れることになるので要注意。





posted by 鉄 at 12:41| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。