2007年01月19日

犬は、わるい目つきはしない※

通勤途中に出会う犬猫に勝手に名前をつけて
「とら、おはよう」
「ハナテンさん、寒いっスね」
「陳さん、車には気イつけて下さいよマジで」
「ママ、今日子供らはどしたの」と
普通に挨拶をしているところを
ひろしま男子駅伝を控えてロードワーク中の
長崎チームに聞かれてダッシュで逃げた鉄です。おいっす。

しかし犬はなんでああなのかね。
すぐ顔に出るっていうか、あからさまっていうか。

川土手を飼い主と一緒に散歩する犬達の中に妙になついてくるのがいて
私をみると必ず走り寄ってくる。ものすごーく遠くから。

リードを最長まで伸ばし、尾っぽを千切れんばかりに振って猛アッピール。
飼い主のおばさんは必死でリードを引っ張るのだが、
そのゴールデンレトリバーは立ち上がると確実に彼女よりでかい。
力負けしてずるずると引っ張られている。あああ申し訳ない。

横断歩道を挟んで対峙しようものならもう大変である。
こっちを気にしながら、うろうろうろうろ落ち着きがない。
飼い主と私を交互に見やりながら、
まだですかまだですかまだですかと目で訴えるのだ。

こちらが恥ずかしくなる程の好き好き光線。たまらん。
おの瞳に抵抗できる奴はいないよなあ。ずりいよなあ。

そんな文句をいいつつ、
今日もまたコートを毛だらけにされながら
上機嫌で出勤する私なのである。



※以前、矢野顕子がラジオで紹介していた子供の詩。
posted by 鉄 at 10:27| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月18日

タイプ?

世間でいうところの適齢期を1周半くらい通り過ぎて
未だ独身の鉄です。悪いか。

こんな私でも心配して下さる方があって、
「いったいどんなタイプの人が好きなのか」
とよくきかれるのだが、いつもうまく答えられない。

過去の乏しい恋愛履歴を振り返ってみても
全部違うタイプの人ばかりなのだ。

だが、はっきり「これこれこんなタイプの人が好き」という人間が
本当にそんなタイプの人と結婚しているかというと、
私の周りに限って言えばNOだ。むしろ、「えっ、なんでそうなるの」
と驚かされることの方が多い。

恋愛と結婚は別、とはよく言われることだが
みんなどこで折り合いをつけるのだろうか。
やはり年齢的なところか。

ある程度の年齢までは自由に恋愛を謳歌し、
その時に結婚を考える相手とめぐり合えればよし、
駄目だったら適当なところで結婚モードに切り替えて
相手を探す。そんな感じかな。

この「結婚モードに切り替えて」のところで
うまく切り替えられるかどうかが分かれ目なんだな、きっと。
そしてこのトシになってまだこんなことを言ってる人間が
うまくできる訳もなく・・・。

まあ、いまさらあせっても仕方ないので
とりあえず今の「なりゆき任せモード」から
「結婚高確率天国モード」に上がるか
「恋愛低確率孤独モード」へ転落するか
残りゲーム数を気にしながら行くとしますか。

あ、ちなみに私の現時点での好きなタイプはこの本に出てきます
お料理上手な憎い奴。




posted by 鉄 at 16:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月09日

ありがたくない家系

初稼動はなんと、きっちりプラマイゼロ。

秘宝伝 −9K(ノーB:怪しい演出は多かったんだけどなあ...)
ニューパル −6K(B3:ずっと見たかったリーチ目※が!)
CRアントニオ猪木 −10K(0回:二度と打たん)
CRスーパー海物語 −5K(0回:スーパ−リーチ1回も来ず)
CR清流物語 +30K(9回:怒りの主モード、確変中は要らんでしょ)

でもいろいろ打てて楽しかったので満足満足の鉄です。
こんにちは。

のんびりゆっくりのお正月モードから一転、
今日から母が大腸ポリープ切除で入院する為、緊急モードに。

母曰く、
「なんか小ちゃいのがぽちっと2個あるだけじゃけん
大丈夫、すぐ終わるけん」
て、あなたが執刀するのじゃないでしょ。
念のために前日から入院して明日切除、当日も大事をとって一泊。

初めての入院で不安ながらも、「TV借りないと」「イヤホンもいるよね」
「おでん作っといたけんね」と、なぜか張り切る母。

自分も検査を受けるよう言われているのに面倒くさがって行ってないので
負けたような気がするのか、おもしろくなさそうな父。

2年前にポリープを切った時、ちょっと休んだだけで帰宅したので
なんとなく損したような気になっている私。

・・・ポリープ一家じゃん。

実は妹も一度検査でひっかかったことがあるらしい。
幸いポリープは見当たらなかったが、どうもそういう家系のようだ。

食べ物の好みはみんな違うのになあ・・・
あっ、酒か。

なんにせよ、無事手術を終えて早く帰ってきて下さい。
O型の母がいないと、A型二人組で家の中が暗いんだよー。



※左リール下段Bar、右リール枠上カエル。
posted by 鉄 at 11:12| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月05日

新しい年に

皆様、遅ればせながら明けましておめでとうございます。

元旦から関西方面へ出張っていたので
ご挨拶が遅れてしまいました。申し訳ない。

イトコとその家族、総勢14人(幼児1含む)で
淡路の温泉へ行って来ましたよ。
幹事をしてくれたイトコのK君はウチのすぐ近くに住んでいて
小6の息子と小4の娘はウチの父母を「じーじ、ばーば」と呼んで
喜ばせる術を知っている侮れない兄妹だ。実際カワイイんだけどね。

妹はまだ甘えたで、何かあるとすぐお母さんに行くのだが
さすがに兄ちゃんの方は今年中学生で今声変わり中という
微妙な年頃なので、なかなか上手く甘えられない(ように見える)。
時々浮かべる悲しげな表情が、見ていて切なくなる。

イチ、あんたのご両親はね、あんたが考えてるよりずっと
ずっとずっとあんたのことを考えてるよ。
面と向かっては厳しいことばかり言うお父さんだけど、
私も思わず涙が出そうになるようなきつい叱り方をするのは
人一倍怖がりで、そのくせおせっかいで何にでも首を突っ込みたがる
あんたのことが心配でしょうがないんだと思うよ。

もっと要領が良くて、必要なら口を閉じていることができる子なら
あんなに心配することもないんだろうけれど、
思ったことはすぐに口に出してしまうお調子者のイチが
新しい中学校という環境の中でうまくやって行けるのか、
本当に心配で心配でたまらないんだよ。

少しでも心を強くしてやりたいと思って、
必要以上に厳しくしているんだと思うよ。

誰か、知らない人間に深く傷つけられてから気付くのでなく、
誰よりもイチのことを大事に思っているお父さんがあえて
つらい役目をしているんだと、私は思ってる。

来年のお正月は、もう一緒に旅行に行ってはくれないかも
知れないね。男の子は友達と一緒にいることの方が
大事になる年頃だものね。

淋しいけれど、そうなったらいいな、と思う。
家族より一緒にいたいと思える友達ができるといいなと思うよ。

だから、今年一緒に行った温泉旅行は一生忘れない。
思い出を作ってくれたお父さん、お母さんに感謝。



posted by 鉄 at 11:01| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。