2007年05月22日

ストレス社会の処世術

言いにくいことをずけずけと人に言えたら、どんなにすっきりするだろう。
誰でも1度はそう考えたことがあると思う。

「あの人は毒舌だ」とか、「口が悪くて」とかよく耳にするけれど、
これって、「実はみんな同じ事思ってるけど口に出せないでいること」を
「自分に正直に」言っちゃう人ってことですよね。

社会生活を営む上で決して避けては通れない、人との付き合い。
できれば円滑に、和やかにと誰でも思うだろう。
毎日毎日顔を合わせる職場の人達といがみ合うのは、正直しんどい。
そのしんどいイバラの道をあえて突き進む、毒舌のひと。
彼らの無遠慮さ、空気を読めない(読もうとしない)子供っぽさにイラつきながらも、
時々ちょっぴりうらやましく思うこともある。


私の後の席に座ってる、こないだ入った契約社員のAさん(52歳)。
鼻息がすごく荒くてちょっとやだ。
普通に座ってても「んふー、んふー」って、キモイんですけど。
あと、書類の記入方法説明してる時
「○○を確認して□□だったら△△に記入して下さい」というと
「ああ、要するに○○を確認して□□だったら△△に書けばいいんですね」って
全然要するに、じゃないから。復唱してるだけじゃん。
しかも出した書類、間違ってるし。
わかんないんならわかったフリせずにちゃんと聞いてよね、
時間も書類も無駄なんだからもー。
変なとこでミエ張ってるヒマがあったら仕事一つでも覚えろっつーの。
聞いてもない孫の話はいいからっ。


心の中の私は正直だけど結構やな奴。
一緒に仕事したくないかも。
posted by 鉄 at 12:56| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。