2005年12月15日

わしらはみんな広島じゃけん(cナンバーワン・バンド)

昨日「マシューTV」でなまり亭を見た。
以前に放送された中からのピックアップだったけど
新山千春、可愛かったなあ。あのかわいらしさは何なんだ。

方言でしゃべる彼女の生き生きとした表情は
見ていてこちらまでにっこりしてしまうくらい魅力的だった。

方言といえば、昨日大阪出身の知人と電話で話したのだが、
仕事で関東圏へ引っ越して10数年経っていると思われるのに
関西弁は全く変わっていない。
話しているとこっちがつられて「変な大阪人」になりそうになる。

私は広島で生まれて広島で育ったので、
他の土地の言葉は知らない。
広島弁こそが自分のルーツだと思っているが、
関西弁には負ける。
まあ、私自身が関西弁好きということもあるだろうが
(小さな子供の話す関西弁のかわいらしさったらない)
簡単に引きずられてしまう。

彼「〜て思うやろ」
私「・・・そりゃあそうやんね」
(違う。そうじゃろう、と言えっ)

彼「〜と違うか」
私「・・・どうかな」
(はっきり、ようわからんけえ、と言わんかいっ)

堂々と関西弁で渡り合う彼にどうにか対抗しようと
なぜか不自然な標準語を持ち出す私。
勝負は見えている。

なまり亭の人気をみてもわかるように
今、アイデンティティーの確立は
方言で押し通せるか否かにかかっているのだ。

K君。
次は、負けん。かかってきんさい。




posted by 鉄 at 12:38| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
方言は日本特有の産物だよね。
知らない人同士でも故郷が同じだったりするとすぐに友達になれたり・・・
私も先日、関西方面へ行く時、同郷の後輩と席を隣にして
話をすると自然に方言が出てくる。
親しみ会える証拠なのでしょうか?
私も関東に出て今年で何と24年目!地元で育った
年数よりも長くなってしまった。
しかしながら、親戚や友人と話す時はやはり自然と方言が・・・。
帰巣本能と言うか生まれ育った故郷を忘れさせない為の本能かな?
Posted by ナオキのパパ at 2005年12月16日 01:10
ナオキのパパ様

訛りということで言えば
他の国でもあるでしょうが、
方言の語彙の豊かさは日本独特のもの、
という気がします。

しかし、24年ですか!
故郷DNA恐るべし、ですね。
Posted by 鉄 at 2005年12月16日 10:52
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。