2006年01月23日

ハヤカワ、GJ。

一時期、冒険小説ばかり読んでいた時期があった。

景山民夫「虎口からの脱出」でハマり、
内藤陳オススメ本から
ギャビン・ライアル
ジャック・ヒギンズを知り、
「冒険小説ハンドブック」で
ディック・フランシス
船戸与一を読み・・・
そこからどんどん読書の幅が広がっていったような気がする。

中でも山岳小説が好きな私は
デズモンド・バグリイ「高い砦」を何度も読み返しては
(かっこええなあミゲル・ローデ、ええなあ)とひたすらシビレていた。

そしたら昨日。
本屋で新刊なぞを眺めていると、あれ?
表紙も新しくハヤカワ文庫から出ているではないですか。
名作セレクションとして1月に出たばかりらしい。
そう。名作ですよ、これは。

ストーリーの軸はタイトルにもある砦での攻防なのだが、
私がやられたのはアンデスの山越えの場面。
ミゲル・ローデは「鉄が選ぶ冒険小説のヒーローBEST10」で
常にベスト3に入ってくる。それくらいすごい奴なのだ。すごいのだ。
(ちなみに、彼は本小説の主人公ではない)

まあ随分前に書かれた本なので、世界感とかちょっとずれてて
戸惑うかもしれないが、そんなものは気にならないほど
この小説は、熱い。熱いのだ。(しつこい?)

未読の方は、もう、是非是非。

toride.bmp
これは旧バージョン

posted by 鉄 at 13:25| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
それにしてもかなり本を読んでいるようですね。通勤途中やお風呂の中でしたね。
私は建築雑誌をトイレの中で毎日見ております。
なかなかのんびりした気持ちで本なんてここ数年読んでないですね。
なんかうらやましいな!
Posted by ナオキのパパ at 2006年01月25日 01:08
ナオキのパパ様

>それにしてもかなり本を読んでいるようですね

ふふふ、作戦成功。
ホントはそんなに読んでないのですが
みんなに言いふらすので。えへ。

自宅が仕事場っていいようなつらいような・・・
微妙ですね。

朝夕30分ずつ「通勤時間」って決めて
その時間は本を読む。どうですか、これ。
つり革とか設置するともっと雰囲気出るかも。

Posted by 鉄 at 2006年01月25日 11:22
朝夕30分ずつ「通勤時間」って決めて
その時間は本を読む。どうですか、これ。

・・・・やっぱり貧乏性なのかどうも仕事をしていないと
落ち着かない毎日です。良く、仲間同士で俺らはサメみたいな
ものでサメが泳がないと息が出来なくて死んじゃうのと同じで仕事を
していないとすぐに酸欠で倒れちゃうんじゃないかって言っています。
Posted by ナオキのパパ at 2006年01月26日 16:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/12116124

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。