2006年02月03日

希少価値を生み出す方法教えます

不二家がまたぞろチョコ付食玩を売り出した。

peko.bmp

自社のキャラクターがこんだけ人気あると、強いなあ。
変なコラボ商品より堅いし。ペコ様様だ。

だが、私(というか我が家)にとってはあまりありがたくない。

実は、妹が大のペコ好きなのだ。
しかもこの手の食玩のみに反応するらしい。
去年の暮れにはクリスマス限定の不二家製品詰め合わせ袋
でかいペコ人形付¥2,100也を買わされた。
妹は人形が1種類しかないのが不満げだったが、何種類もあってたまるか。

そして今回のプリティ・ペコである。
「みんなも協力してよー」というので仕方なく買いにいく。
私は妹には甘いんである。

しかし・・・「高っ!」1つ294円もする。
おそるおそる箱を確認すると、なんと10種類もあるらしい。
コンプするまでいったい何個買わされるんだろうか。うう。

とりあえず2個だけ買って帰宅すると、
やはりあきらめ顔の母の手に2個のペコ人形が。
「・・・同じのが出てきたよ」

い、いや、もしかしたらまだ持ってないやつかもしれんし、
と母を慰めつつ自分の買ってきた箱を開けると、なんとかかぶってなかった。
計3種類の人形を早速写メで妹に送る。すると返ってきたメールが
「あー残念、持ってないの1個だけだわ」
親子で脱力。
付いてる(本来はこっちがメインか)チョコレートが
なかなかうまいのがせめてもの救い。


不二家さん、お願いですからペコシリーズの発売を
10年に1回くらいにしてもらえませんか。
駄目ならせめて5種類くらいで。よろしくお願いします。
プリーズ。



posted by 鉄 at 11:18| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今、この手のキャラクターの復刻版が随分と話題になっていますね。
メーカーも客先を大人に向けているようですね。
私も子供の頃、仮面ライダーのカードを集めていました。
お菓子を買っても食べずにカードだけ集めて社会問題になったくらい。
本当に子供の頃はお金もそんなに持ってなかったので
我慢する事が多かった。しかし、大人になって多少の余裕があって
今なら買えるって感じらしいね。
まだまだ、復刻ブームも続きそうですね。
Posted by ナオキのパパ at 2006年02月03日 13:26
◆ナオキのパパ様

ありましたね、仮面ライダースナック。
あのわくわく感、やはりクセになるようです。

6ポケットといわれる今の子供達や
アニメで育ち、今まさに働き盛りで金持ってるコドモオトナ。
市場には事欠かないという訳か。

景気回復の一端を担うと思って
もう一箱買ってきますか。はあ。
Posted by 鉄 at 2006年02月04日 13:40
そう言えば、なめネコの免許書がペアであるんだけど・・・。
矢沢ネコ吉、猫井かおり・・・
20数年前に凄く流行ったよね。
また、なめんなよ・・・シリーズも復活するかな?
Posted by ナオキのパパ at 2006年02月05日 04:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/12685079

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。