2007年01月05日

新しい年に

皆様、遅ればせながら明けましておめでとうございます。

元旦から関西方面へ出張っていたので
ご挨拶が遅れてしまいました。申し訳ない。

イトコとその家族、総勢14人(幼児1含む)で
淡路の温泉へ行って来ましたよ。
幹事をしてくれたイトコのK君はウチのすぐ近くに住んでいて
小6の息子と小4の娘はウチの父母を「じーじ、ばーば」と呼んで
喜ばせる術を知っている侮れない兄妹だ。実際カワイイんだけどね。

妹はまだ甘えたで、何かあるとすぐお母さんに行くのだが
さすがに兄ちゃんの方は今年中学生で今声変わり中という
微妙な年頃なので、なかなか上手く甘えられない(ように見える)。
時々浮かべる悲しげな表情が、見ていて切なくなる。

イチ、あんたのご両親はね、あんたが考えてるよりずっと
ずっとずっとあんたのことを考えてるよ。
面と向かっては厳しいことばかり言うお父さんだけど、
私も思わず涙が出そうになるようなきつい叱り方をするのは
人一倍怖がりで、そのくせおせっかいで何にでも首を突っ込みたがる
あんたのことが心配でしょうがないんだと思うよ。

もっと要領が良くて、必要なら口を閉じていることができる子なら
あんなに心配することもないんだろうけれど、
思ったことはすぐに口に出してしまうお調子者のイチが
新しい中学校という環境の中でうまくやって行けるのか、
本当に心配で心配でたまらないんだよ。

少しでも心を強くしてやりたいと思って、
必要以上に厳しくしているんだと思うよ。

誰か、知らない人間に深く傷つけられてから気付くのでなく、
誰よりもイチのことを大事に思っているお父さんがあえて
つらい役目をしているんだと、私は思ってる。

来年のお正月は、もう一緒に旅行に行ってはくれないかも
知れないね。男の子は友達と一緒にいることの方が
大事になる年頃だものね。

淋しいけれど、そうなったらいいな、と思う。
家族より一緒にいたいと思える友達ができるといいなと思うよ。

だから、今年一緒に行った温泉旅行は一生忘れない。
思い出を作ってくれたお父さん、お母さんに感謝。



posted by 鉄 at 11:01| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは

今年もよろしくお願いします。


中学男児はみなそんなんだと思いますよ。
俺も小学卒業してからは家族旅行とか親戚の集まりとかに顔を出さなくなったし、親と会話することも最小限だったし。

>>思ったことはすぐに口に出してしまうお調子者

はい!俺!

でも、思ったことを言えずに居るよりはいいかと。
あとは、「言い方」を社会勉強すればいいんです。
と、まだ勉強不足な俺が言ってみました。
Posted by 龍信 at 2007年01月06日 10:50
□龍信さん

ようこそ。今年もよろしくです。

>思ったことを言えずに居るよりはいいかと

そうですね。
変に警戒して閉じこもるよりも、
いろんなことをたくさん経験して
打たれ強い子になって欲しいと思います。

>「言い方」を社会勉強

NICE!本当にその通りですね。
龍信さんはそうとう社会勉強を積んでこられたと
お見受けします。

Posted by 鉄 at 2007年01月09日 09:09
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/30856343

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。