2007年01月19日

犬は、わるい目つきはしない※

通勤途中に出会う犬猫に勝手に名前をつけて
「とら、おはよう」
「ハナテンさん、寒いっスね」
「陳さん、車には気イつけて下さいよマジで」
「ママ、今日子供らはどしたの」と
普通に挨拶をしているところを
ひろしま男子駅伝を控えてロードワーク中の
長崎チームに聞かれてダッシュで逃げた鉄です。おいっす。

しかし犬はなんでああなのかね。
すぐ顔に出るっていうか、あからさまっていうか。

川土手を飼い主と一緒に散歩する犬達の中に妙になついてくるのがいて
私をみると必ず走り寄ってくる。ものすごーく遠くから。

リードを最長まで伸ばし、尾っぽを千切れんばかりに振って猛アッピール。
飼い主のおばさんは必死でリードを引っ張るのだが、
そのゴールデンレトリバーは立ち上がると確実に彼女よりでかい。
力負けしてずるずると引っ張られている。あああ申し訳ない。

横断歩道を挟んで対峙しようものならもう大変である。
こっちを気にしながら、うろうろうろうろ落ち着きがない。
飼い主と私を交互に見やりながら、
まだですかまだですかまだですかと目で訴えるのだ。

こちらが恥ずかしくなる程の好き好き光線。たまらん。
おの瞳に抵抗できる奴はいないよなあ。ずりいよなあ。

そんな文句をいいつつ、
今日もまたコートを毛だらけにされながら
上機嫌で出勤する私なのである。



※以前、矢野顕子がラジオで紹介していた子供の詩。
posted by 鉄 at 10:27| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おいっす!

笑わせて頂きました。
職場でPCに向かって、にやついてたから同僚に怪訝な目で見られましたよ。
こいつは犬じゃないから悪い目つきでした。。。。
Posted by 龍信 at 2007年01月19日 11:21
□龍信さん

ういっす♪
喜んで頂けてなによりっす。

件のレトリバー君、私の中では
ずっと「ごんた」だったのですが、
先日飼い主さんに名前を聞いたら
「マリリン」ちゃんとのこと。
・・・おんなのこだったのね。

でも、顔をみるとつい
「あ、ごんた」と思ってしまうので、
いつか口に出して呼んじゃいそうで恐いです。

Posted by 鉄 at 2007年01月19日 16:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。