2005年07月05日

狩られてんじゃねーよ

オヤジが毛嫌いされる理由について考えてみた。

まず、おっさんは、うるさい。
なんしか、ウルサイ。

小言や一人言が多すぎる。

食事のときの咀嚼音も、
ちゃっちゃっという歯をせせる音にも、全く遠慮がない。

体から発する音を意図して大きくする傾向がある。
(くしゃみ、ゲップ、放屁等)

話し声がこれ見よがしで必要以上にでかい。

これじゃあ、加齢臭がなくとも
敬遠されるのは無理ないだろう。

なぜ、彼らはこんな行動に出るのか?
ただ単に感性が鈍いから、というのもあるだろう。
しかし、そればかりではないような気がするのだ。

彼らは多分、確認したいのだ。
自分が、存在していることを。
自分の存在が、社会になんらかの反応を
引き起こすことを。

それが冷ややかな視線を浴びる結果になろうとも、
そのことによって、彼らは優位に立てるのだ。
彼らだけの世界の中で。

そんな、かたくなな意志を持つオヤジ達を、
案外、悪くないな、と思う。



・・・好かれようとしなけりゃね。








posted by 鉄 at 22:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/4859968

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。