2005年07月25日

ブッシュミルズとジン・トニック*

景山民夫という作家をご存知だろうか。

「遠い海から来たCoo」で直木賞を受賞したことで
ご記憶の方も多いと思う。
私の大好きな作家で、以前カナにも指摘されたが
多少のウンチクと熱い心に惹かれて、思わず
何度も読み返してしまう、独自の世界を持つ人なのだ。

彼のエッセイ「どんな人生にも雨の日はある」の中で、
「海亀のスープ」というゲームが出てくる。
本の雑誌7月号で新保博久氏が触れておられたのを読んで
つい、懐かしくなって読み返してみたが、
こんなゲーム一緒にしてくれる友達がいたら
酒飲んでても楽しいだろうなあ。

最近ではウンチクを語るのもさほど敬遠されない
ようだけれど、要は語り口なんだろうね。
素直に、へえーと感心できるウンチクは
聞いていて楽しく、また心に残るもんです。

彼のエッセイはウソかホントかわからないのがたくさんあるが、
どれもおもしろく、暖かく、少しせつない。
彼自身そんな魅力的な人だったのだろう、と思う。

しかし、彼といい、伊丹十三といい、
ちょっと、早く逝きすぎですよ。本当に。



*タイトルは、景山民夫のエッセイに出ていたのを飲んでみて、
 すっかり気に入ってしまったお酒二つです。
 
 




posted by 鉄 at 13:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/5345491

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。