2005年10月31日

ハロウィンも祝っとく?

ロバート・J・ソウヤー「ハイブリッド」を読む。
[ホミニッド(原人)三部作]の完結巻となる訳だが。うーん。

これは2巻を読んだときにも思ったのだが、
1巻で感じたSFらしいワクワク感がどうも感じられないのだ。
二つの世界、異なる歴史と進化、お互いの文化に対する驚きや疑問等
実にうまく描いてあるのに今ひとつ物足りなく感じてしまうのは
贅沢というものだろうか。

消化不良の原因と思われることの一つが、
信仰(本書では主にキリスト教)をテーマとしてあることだと思う。
「日本人ほど信仰心の希薄な人種はない」とよく言われるが
確かに、生まれたときは神社へお参りに行き、
結婚式は教会のチャペルで、
葬式は坊さんがお経をあげるっていうのは
あまりよその国では聞かないだろう。
しかしこれは言い換えれば日本人の懐の深さともいえるんじゃないだろうか。
八百万といわれるくらいたくさんの神さまと付き合ってきた国民だもの、
この上2,3人増えたところで全然問題なし、ってところか。

まあこの件に関しては話すと長くなりそうなのでやめるが
SFの知識も浅く、科学やら化学やらにもてんで弱い私が
何でSFを好んで読むかというと、一つには未知への憧れがあるのだ。
未知の世界は誰のものでもない。これから体験する私達みんなのものだ。
映画でも小説でもマンガでも同じ。
心躍る体験を期待してスクリーンに向かいページをめくるのだ。

私がクリスチャンだったら、このラストに共鳴することができたのだろうか。
そんなちょっと悔しい思いが残ってしまった。

hybrids.bmp


*どうも自分で見てても字が読みづらいため、またもやデザイン変更致しました。
 でもあまりにシンプルなのでまたそのうち飽きたら変えると思います。







posted by 鉄 at 11:48| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/8797104

この記事へのトラックバック

マンスジクッキリ見せて下さい
Excerpt: 女の恥丘。パンツを穿いていても形がくっきりと浮かぶエッチなマンスジを徹底解剖!肉厚ジューシーなスジ沿いを指でなぞれば、じわじわ濡れてくる。次第に男におねだりしちゃう始末。
Weblog: マンスジクッキリ見せて下さい
Tracked: 2005-10-31 12:19
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。