2005年11月15日

松本人志しっかりもの説

昨日「HEY!HEY!HEY!」で、筆跡鑑定をやっていた。
ああいうのは何ですか、鑑定業界共通の見識とかあるのですかね。

辺とつくりの間が空いていると心が広いとか
跳ねがしっかりしていると粘り強いとか
口の字などの隅が空いているとお金が貯まらないとか
(宇多田ヒカルに向かって言ってましたが)
まあなんというか、失礼ながら適当感は否めませんでした。

しかし、自分を誰かに診断してもらいたいとか
評価をして欲しいとかの願望は誰しもあるもので、
かくいう私も筆跡鑑定、一度受けてみたいと思っているのですが
なぜか書くたびに字面が変わるという悪癖があるので鑑定は難しいかも。

何年か前に書いた字を見ても自分の字とわからないというのは、
やっぱり分裂症でしょうか、先生。






posted by 鉄 at 12:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/9359654

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。