2005年09月05日

すれ違い人生

一本道を歩いていて、途中ちょっとした障害物(電信柱とか、
野放図な停め方の原チャリとか)があるとする。
ふと見ると、向うからも誰かが歩いて来る。
距離的にちょうどその障害物のあたりですれ違いそうだ、と思って
少し歩く速度を変えてみたりするんだけど、なぜか意に反して
ピッタリのタイミングでその狭くなった地点ですれ違ってしまう。
なぜだ。
意識しているからいけないんだと思い、あえて前方から注意をそらして
通り過ぎようとするんだけど、やっぱり敵はタイミングを合わせてきやがる。
なぜだ。

相手が通り過ぎるまで待つのも癪だし、
かといって走って先に通り過ぎるというのも
なんとなく負けたような気がしていやだ。

一体誰の陰謀なのだ。
posted by 鉄 at 11:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月04日

MAXIMUM NOISE FACTORY Vol.5

昨日、何年振りかでLIVEハウスへ行った。
会社の後輩の友達がバンドをやってるというので
聞きに行ったのだ。ヘヴィ・メタルだと。

今回のLIVEは、メインのバンドからの声掛けで
5つのバンドが集まってやる、まあイベントのようなものだ。
当然、メインのバンドとテイストの似たやつらばっかりかと
思いきや。なかなかに面白い取り合わせでしたよ。

インディーズ・バンドばっかりなので詳しくは書かないが、
彼らの音楽を聞きながら強く感じたのは、
音楽好きなやつらはやっぱいいよな、ということ。
好きな音楽のジャンルが少々違ったって
音を楽しむことに変わりないし。
・・・死神でなくともね。

しかし、久しぶりに行ったもんで
なんだか照れ臭くって参った。
最初の辺はなんかリハビリのような感じで
ただ聞き入っておりましたよ。LIVEハウスなのに。

以前、新宿ロフトへケントリのLIVEに行った時
ネットで知り合った子達と一緒だったんだけど、
彼女達はこう言い放ったね。
「うっとりするな、盛り上がれ!」
すみません、つい、一人だと人目が気になって。

でも、ビールを一本空けた頃からだんだん良い感じに
盛り上がってきて、4バンド目くらいからはもう踊りっぱなし!
すんげえ楽しかった。また行きたいなあ。

しかし、SMACK−DOWNのサムさん、
足の怪我はちゃんと治したほうが良いですよ。


posted by 鉄 at 22:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月22日

らぶらぶ(はぁと)って、どうですか皆さん。

ひらがな表記がキライだ。

外来語など、カタカナ表記が一般的なものを
わざとひらがなで表す、わざとらしさがキライだ。
なんでカタカナじゃいけないんだ、と思う。

「ぺんしょん・ろぐはうす」ううう、絶対泊まらない。
「かすたあど・しゅーくりいむ」ぐぐぐ、旨くても買わない。
「ふゅーじょん」があああ、聴かねーぞ絶対っ!

名前をつけるというのは
何かを創ることと同じくらい大事なことだと思うのだが、
ひらがな表記にはそんな真摯な気持ちが
ぜーんぜん感じられないのだ。
むしろ、
「ちょっと他と違ったカンジにしたいいんだよねー、
 でも、なーんも思いつかないんだよねー、
 あ、これそのままひらがなにするっていうのどう?
 いいんじゃなーい、それにしようそれに」
的ないいかげんさが漂うのだ。

偏見だといわれようが、
感性の違いだといわれようが、
イヤなものはイヤなのだから仕方ない。

一方的に非難するだけではいかんと思い
例外を探すのだが、うーん...見当たらない。

ひらがな自体はキライじゃないんだけどなあ。















posted by 鉄 at 12:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月17日

ひとつだけ

欲しいものは、たくさんある。
けれど...。

昔、矢野顕子が大好きで良く聴いた。
「japanese girl」
「長月神無月」
「東京は夜の7時」
「ただいま」etc...

彼女と結婚する前、
あるインタビューに答えて坂本龍一が言った。
死ぬ前に聞く唄を1曲選ぶとしたら?
「ひとつだけ」

ああ、と思った。
ああ、そうなんだよね、と。

彼女の唄はどれも素敵で、
特にデビュー・アルバムは
信じらんないくらい素晴らしくて、
私がもし歌い手となれたら、最初のライヴの
OPENINGは、絶対に「電話線」だ!と
今でも思っているくらいだ。絶対ないけど。

だけど、彼女を愛する(少なくとも当時は)人が選ぶのは
「ひとつだけ」だろうな、と思った。

こんなに素直に、ストレートに
愛を告白できたら...。


少し涼しくなった夜風がしみるこの頃です。










posted by 鉄 at 23:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

wish you're somewhere

あっけなくお盆休みも終わってしまった。
なんとなく、寂しさが付きまとう気がする。
還って来てた人達が、またいってしまったからだろうか。

好きな誰かが、どこかにいてくれることがわかってると
それだけで安らかな気持ちになれるっていうのは、なぜなんだろう。

ここにはいないけど、どこかにいる誰か。
会ったことはないけれど、どこかにいる誰か。

もうずいぶん会っていない知人や、
遠くに住んでいる友達はもちろん、
好きな小説家であったり、
素敵な写真を撮っている写真家だったり、
おいしいお酒を造っている人だったり。

そんな人が、ある日亡くなっていたことを知る。
とたんに不安な気持ちになる。
どこかで元気にやってくれてたはずなのに、と
狼狽して、不安になる。
その人を悼む気持ちももちろんあるけれど、
それとはちょっと違う、自分勝手な感情だ。

失われてしまったものは、何なのだろう。
それに名前はあるのだろうか。








posted by 鉄 at 12:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月12日

盆休みイヴ

ちょっと昔のRPGゲームで、「moon」というのがあった。

勇者がいて、仲間がいて、モンスターを倒して、宝物を見つけてという
王道RPGをちょっぴり皮肉ったゲームで、
主人公は人助けをすることによって発生する「Love」というアイテムを
キャッチすることで成長していくのだ。

いろんなエピソードがどれも秀逸で何度プレイしても楽しめるのだが、
なかでも、音楽のディスクを手に入れると、その中の曲を聴きながら
ゲームをすることができる、というのは画期的なアイデアだと思う。
思い出したらまたやりたくなってきたなあ。

なんでこのゲームを思い出したかというと、
ゲームの序盤に、お盆にナスやキュウリで作る動物
(亡くなった人が乗るためのやつね)がでてくるのだ。
その名も「おぼん」と「こぼん」。
8月の暑さにふさわしい脱力っぷりといえるでしょう。

未体験の方、中古ゲーム屋で見かけたら、是非是非。
ちなみに、私が一番好きなのはお城のフレッドです。






posted by 鉄 at 21:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月10日

リハビリ・エントリ御免

先日、生まれて初めて寝ゲロを体験致しました、鉄でございます。
こんばんは。

■このブログ、副題(でいいのか?)が
「カナと鉄の面白半分日記」となっておりますが、
ただいまカナが不在の為、ワタクシ鉄が孤軍奮闘致しております。
いづれまた、そろって御目文字することもあろうかと
思いますので、その節はどうぞ御贔屓に。

■飲み物、冷たいのと酸っぱいので好きなのは、お酒だけ。

■他に類を見ない傑作例文で話題の「新明解国語辞典」、
なかでも評判の第四版が偶然うちにあった。
盆休みの課題図書、決定。

■小ネタ風、なかなかいいぞ。

■と思ったのも束の間、これじゃオチがつかねーよ。




posted by 鉄 at 22:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月09日

幸せって何だ

っていうCMが昔あった(明石家さんまが出てたやつだ)。


幸せは、それを感じることのできる人にだけやって来る。
大きい小さいの差はあっても、この法則は変わらない。

だから、

酔っ払って途中から記憶がなくなって
気がついたら部屋でパンツ一丁で寝てても、

最後の店にいった覚えが全然なくて
しかも何かしでかしたらしい、と人づてに聞いても、

二日後、部屋の片隅に自分のゲロを発見しても、


幸せになれるのだ。たった1冊の本で。

ビバ★ニール・ケアリー。





posted by 鉄 at 11:14| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月26日

いっちまったよ。

最近、Barにハマッていたこともあって、
昨夜も2軒ほどハシゴをして、ご機嫌で帰宅した。

あー今日のお酒もおいしかったなあ。
最初に行った「F」の見習バーテンダー君、マスターが来なくて
一人で頑張ってたけど、カクテルの味はいまいちでしたね。残念。
その点、やっぱり「C」のマスターはセンスがいい。
店に来た女の子も可愛いかったしね。
でも致命的にサケの種類が少ないんだよなあ。
もったいないよなあ。
などと、楽しく思い返しつつ
気持ち良く酔って、床に着いた。


翌朝、訃報を聞いた。


そりゃないよ。
ヒナコさん、そりゃないでしょ。
あんまりってもんです。


おかげで私は、

ざあっと降り注ぐような蝉時雨を聞いても。

見上げる顔が緑に染まる夏木立の下に居ても。

陽を弾いてさらさら流れる川面を見下ろしても。

宵闇に渦巻き、うねり、解ける暗い流れを見つめても。

全身に受けて歩く、強い夜風の橋の中途に立ち止まっても。

見つづけるんだ、これからずっと。
彼女が私達に残していった、もう一つの風景を。


ああおまけに、こんなことまで思い出しちまった。

世界が終わる日、何をして過ごしたい?
こんな質問に、彼女はこう答えていた。

「陽の当たる畳の部屋で、寝転んで
 ゆったりと江戸戯作本を読んでいたい」



神も仏もあるもんか。
















posted by 鉄 at 22:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月25日

ブッシュミルズとジン・トニック*

景山民夫という作家をご存知だろうか。

「遠い海から来たCoo」で直木賞を受賞したことで
ご記憶の方も多いと思う。
私の大好きな作家で、以前カナにも指摘されたが
多少のウンチクと熱い心に惹かれて、思わず
何度も読み返してしまう、独自の世界を持つ人なのだ。

彼のエッセイ「どんな人生にも雨の日はある」の中で、
「海亀のスープ」というゲームが出てくる。
本の雑誌7月号で新保博久氏が触れておられたのを読んで
つい、懐かしくなって読み返してみたが、
こんなゲーム一緒にしてくれる友達がいたら
酒飲んでても楽しいだろうなあ。

最近ではウンチクを語るのもさほど敬遠されない
ようだけれど、要は語り口なんだろうね。
素直に、へえーと感心できるウンチクは
聞いていて楽しく、また心に残るもんです。

彼のエッセイはウソかホントかわからないのがたくさんあるが、
どれもおもしろく、暖かく、少しせつない。
彼自身そんな魅力的な人だったのだろう、と思う。

しかし、彼といい、伊丹十三といい、
ちょっと、早く逝きすぎですよ。本当に。



*タイトルは、景山民夫のエッセイに出ていたのを飲んでみて、
 すっかり気に入ってしまったお酒二つです。
 
 




posted by 鉄 at 13:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月19日

ラヴ・レター

以前ここに、マンガ「Barレモン・ハート」について書いたのだが、
今日5年ぶりくらいに読み返してみると、ずいぶん記憶違いをしていたようだ。
今さら訂正するのも何なので、おヒマな方は単行本第8巻をご参照下さい。

ところでこの「レモン・ハート」、お酒好きには大変楽しめて良いのだが
読んでいると、どうも一杯飲みたくなってきて困る。
それも、美味しいカクテルを飲みたくなるのだ。

ご家庭でレシピ本片手にホーム・バーを楽しんでおられる方ならともかく、
私のような不器用な者には家でカクテルなど無理な話だ。
それなら外へ飲みに出るまで、と思いきや、
なんとお気に入りのバーは3日間の夏休み。ああ!

きりっと冷たいジン・トニック。
ほのかに舌に残る甘さとミントの香りが爽やかなモヒート。
ドライ・ベルモットが際立つバンブー。
ああ、そして、ギムレット!
この初夏の夕べにふさわしいカクテルの数々を
今、味わうことができないなんて、つ、つらすぎる...。


そんなせつない3日間がようやく終わり、
さっそく仕事もそこそこに行ってきましたよー。
店が開いたら何飲もうかと、3日間あれこれ考えていたのだけれど、
なんせ今日のこの暑さ!
のど渇いてたもんで、あっさりと
「ジン・リッキー!」

日が落ちて夕間暮れ、
開け放った扉の向こうに
ひたひたと満ちつつある夏の宵を眺めつつ
冷えたグラスを傾ける・・・。
至福のひとときです。

マスター、ありがとう。
これからもずっと、おいしいお酒を飲ませてね。
私の愛のありったけを込めて。

あ、半分くらいは後ろの棚へ。








posted by 鉄 at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月11日

You'd be so nice to come home to

憧れの、人がいた。

このブログを始めるきっかけとなった人だ。

まだブログというものをよく知らなかった私は
友人に薦められるままにSeesaaのホームを覗いてみた。
そのサイトを見つけたのは、新着記事一覧だったか。
いや、見つけた、というのは少し違う。
目に入ったのだ。偶然。

アクセスして、驚いた。
なんなんだ、この人は!と思った。

文章がクリアだ。
それでいて、ほんのりあたたかい。
本当に、アマチュアなのか、これが?

趣味のサイトもいい。
このセンスはどうだ。
ずっと、ただ眺めていても全然飽きない。
すごい。すごい。

ブログって、すごい。
こんな凄い人が、普通にいるんだ。
ものすごく、興奮した。

あれから約1年。
いろんなサイトを見て廻って、わかった。
ブログの全てが、あんなにスマートな訳じゃない。
あのサイトは、別格なのだ。
ブロガーが皆あんなハートでいる訳じゃない。
彼が、特別なのだ。

もちろん、他に素晴らしいブログはいくつもある。
そのうちの幾つかは、毎日必ずチェックしている程、
私の日常に欠かせないものとなっている。

でも、
いつの日も、私の憧れは、
今は更新も途絶えてしまったあのページなのだ。

ご無沙汰してます。
私もとうとう、自分でブログを始めました。
まだ、まだまだ思うように書けません。
でも、楽しいです。

ブログって、楽しいです。
めんどうくさいけど、それもなかなかいいです。
更新なんて気まぐれでいいんですよ。
だから

会えますよね、あなたに。
あなたの文章に。
いつかまた。











posted by 鉄 at 22:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月05日

狩られてんじゃねーよ

オヤジが毛嫌いされる理由について考えてみた。

まず、おっさんは、うるさい。
なんしか、ウルサイ。

小言や一人言が多すぎる。

食事のときの咀嚼音も、
ちゃっちゃっという歯をせせる音にも、全く遠慮がない。

体から発する音を意図して大きくする傾向がある。
(くしゃみ、ゲップ、放屁等)

話し声がこれ見よがしで必要以上にでかい。

これじゃあ、加齢臭がなくとも
敬遠されるのは無理ないだろう。

なぜ、彼らはこんな行動に出るのか?
ただ単に感性が鈍いから、というのもあるだろう。
しかし、そればかりではないような気がするのだ。

彼らは多分、確認したいのだ。
自分が、存在していることを。
自分の存在が、社会になんらかの反応を
引き起こすことを。

それが冷ややかな視線を浴びる結果になろうとも、
そのことによって、彼らは優位に立てるのだ。
彼らだけの世界の中で。

そんな、かたくなな意志を持つオヤジ達を、
案外、悪くないな、と思う。



・・・好かれようとしなけりゃね。








posted by 鉄 at 22:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月28日

罪だよう

夕べ、妙な夢をみた。

人のみた夢の話ほどつまらないものはない、と
世間ではいわれているが、
なに、自分のブログである。気にせず書くことにする。

夢の中で、私は12〜13才くらいの御茶屋(?)の娘だった。
真夜中、やり手婆風の母親にゆり起こされて、
山を一つ越えたところにある店に、酒を運ぶようにいわれるのだ。

子供ながらに(また夢の中ながら)、なぜ?と
思わないではなかったのだが、母親の言いつけは絶対なので
仕方なく出かけようとすると、
別の部屋からさりげなく、同年代くらいの男の子が現れる。
すかさず、彼に一緒に行ってもらってもいいかと問うと、
母親は意味深な含み笑いをして、了承する。

と、ここまでで目が覚めた。

自分で改めて読み返しても、だからなんだ、という話だ。
書かなきゃ良かったとすこし後悔し始めているのだが、
一つだけ、気付いたことがあるのだ。

なぜ、全体的に江戸時代ヴァージョンなのか。

実は昨夜、読み返してしまったのだ、
内田春菊画 杉浦日向子原作「放流門人魚」(「ベッドの中で死にたいの」収録)
を。2度も。

どうりで、なんとなく官能的な夢だったし。

興味のある方は、どの作品が私に上記の夢を見させたのか
ご一読、ご推察頂ければ、と思う。

いや、つまらぬ夢話などには関係なく、是非是非。












posted by 鉄 at 11:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月22日

贅沢としあわせ

アイスクリームが好きだ。

夏場だと、朝起き抜けに冷凍庫から出してきて食べることもある
(「キスより簡単」でまあこがやってたのをみて真似したのが最初だ)。

アイスクリームって、多分、溶けちゃうとこがいいんだよねー、と
考えてたら、昔聞いた唄(童謡?)を思い出した。

♪御伽噺の王子でも 昔はとても食べられない アイスクリーム〜
というような歌詞だった、と思う。 

コンビニへ行けば、高級感あふれるプレミアム・アイスからガリガリ君まで
買いたい放題、食べたい放題の今の日本って、
昔の人から見ればそれこそ御伽噺のようだろう。
冷蔵庫が勝手に氷を作ってくれるなんて、夢にさえ思わないかも知れない。

アイスクリームを食べられる幸せ。

贅沢、と思わず、幸せと感じたい。












posted by 鉄 at 22:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月19日

自己顕示欲と羞恥心のタタカイ

ブログをやっている(この言いかたでいいのか?)ことを
顔見知りに話すのは、かなり勇気がいる。

プロの物書きであれば、
自分自身はもちろん、身内の恥でも書きまくり
さらしまくるもの、と割りきれようが
ハンパにさらす文章にそんな覚悟があるはずもなく。

世間の皆さんは、どうなんでしょうね。
やはり、告知(?)なさるんでしょうか。

とりあえず、会社の同僚に教えて
仕事中の更新がばれるのマズイよなあ。

あ。ぜんぜん関係ないですが、
ジョージ・R・R・マーティン「タフの箱舟」全2巻。
未読の方、是非是非。

酒見賢一「陋巷に在り」全巻読了してしまったので
とても淋しい。
酒見さん、長いことお疲れ様でした。
早く「諸葛孔明」の次書いてね(はあと)。

酔って書いてると、ほんと脈絡ないなあ。








posted by 鉄 at 20:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月08日

我が愛しのアマデウスよ!

「議論のための議論」という言葉がある。

目的達成に最善の方法を話し合うとか、
未解決の事由について意見を出し合うとかでなく、
ただ相手を論破することのみを目的とした議論、てことでしょうか。
極端な話、自説イコール持論でないことも普通にあるらしく、
お互いの意見を取り替えての議論、なんてのも
よくやるようです。

さて。

男の子が好きな女の子をいじめる、という話をよく聞きますが、
これは小学生に限ったことではないようです。
(男の子に限ったことでもないですが)
さすがに、スカートめくったり、かばん隠したりはしないでしょうけど、
ではどうするかというと...
議論なんですねー。

わざと反対の意見を出して、相手が反論してくると
待ってましたとばかりに言葉尻を捕まえてはあげつらい、
拡大解釈や揚げ足取りもあらばこそ、
議論の目的などどこへやら、
とにかくもう、こてんぱんにやっつける。
大人気ないですねー。

それでも、筋道立てた論議であれば、
お、そういう見方もあるか、と思えますが、
反論そのものが幼稚な場合は何をかいわんや、です。

ま、やってる本人もわかっているんでしょうけど
周りからみるとやはり、見苦しいというか、
みっともない感が漂うのは否めません。

なんでこんなことだらだらと書いてるかというと、ですね。

毎日楽しみに見てる某ブログのコメント欄に、
しょーーーーもない、
ほんっとに
しょーーーーーーもない批判をする奴が
多すぎるっ!のですよ。
お前それ、どこ読んで言ってるんだよ(怒)って
管理人差し置いて腹立てても仕方ないんですが。

で、はた、と思い当たったわけです。
なーんだ、構って欲しかったのかー、と。
それならそれで、もっとマシなこと書けよなー、と。

まあ、文章力については私とて
人にとやかく言える身分ではないので、
自分ちで愚痴っておる次第であります。

よく考えたら、これもちょっとみっともないか。









posted by 鉄 at 13:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月07日

グレッグ・イーガン 危険度9

毎日、バスで通勤をしている。

始発地から乗るので(しかも利用者は2、3人)、余裕で座れる。
到着までの30分はたいてい読書タイムだ。
最初は、揺れると気分が悪くなるのではと
おそるおそる読み始めたのだが、
慣れてしまえばなんてことはない。
周りは気にせず没頭する。

電車やバスで本を読んでいる人は結構いると思うのだが、
大体みんな集中している為か、無表情の人が多いようだ。

中には、厳しい表情(理不尽な殺人事件発生か)や
哀愁を帯びた表情(主人公の不運に感情移入?)、
うっすら半笑い(想像したくない)などの
人前では見せたくないであろう表情も
垣間見ることができるが、こちらとしても
普段どんな顔しているかわかったもんじゃないので
そこはさりげなく目をそらす。

こみ上げてくる笑い、というのも
おかしいやら照れくさいやらで
なかなかやっかいなものなのだが、
一番困るのは、思いがけず訪れる感動の涙だ。

読書における最高の瞬間であるはずなのに、
こっそりと、外を見るふりをして涙を抑える。
人目を気にするあまり、感情に正直になれない自分がいやだ。

でも、堂々と涙しながら本を読みふける人って
外から見るとやっぱり少し、イタイかも。うーん...。

そんなこんなで、ささやかな危険を孕みつつ
通勤バスは走るのであった。








posted by 鉄 at 12:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月25日

カクテルの味

友達2人と、スペイン料理を食べに行く。
にんにくバリバリできっついかな、と思いきや
案外とおいしくいただけた。
特に豆を使った料理がおいしくて、
とても得した気分だ♪

気分がいいので、
この間初めて入ったBarへ
又行ってみた。

初めて見かけた時、店前に点けられたアロマ・キャンドルが
とってもいい香りだったのと、
家のごく近くに、知らない間にひっそりと
Barができていた驚きとで思わず入ってしまったのだが、
初めて飲んだ「バンブー」というカクテルが
思いがけず(マスターごめん)とてもおいしかったので、
すっかりこの店のファンになってしまったのである。

今回のカクテルもまた、たいへんおいしかった。
ブランデーと、
グレープフルーツ・ジュースと、
フレッシュ・ミントと、
オレンジと...
あとはわからない。
さっぱりと飲みやすく、爽やかなカクテルだった。

Barを舞台としたマンガといえば、「Barレモンハート」。
さまざまな酒に関するウンチクと、
大人の酒飲みのあらま欲しいすがたを語って他の追従を許さない佳作だ。

このマンガで紹介される酒のひとつに、
「ミモザ」というカクテルがある。
シャンパンとオレンジ・ジュースとで作られる簡単なカクテルだが、
シャンパンは、一度栓を抜くと飲みきらねばならないので、
このカクテル1杯のお値段は相応なものとなる理屈である。
マンガでは、確か同席の方々へも振舞われたように記憶している。
まさに、注文者を選ぶ、大人のカクテル。

私もいつか、さりげなく頼んでみたいものだ。
「ミモザを。こちらの方々にも。」

・・・いつの日も、酒を巡る道のりは、
ごく近く見えて、終点に辿り着けた試しがない。






posted by 鉄 at 23:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月19日

お誕生日、歓迎

最近、ケーキを食べる機会が何度か続いてあった。

ケーキ屋さんに並ぶカラフルなケーキを見ていると
自然と顔がニンマリしてくる。どれにしようかなー。

私のお気に入りはモンブラン。
栗のあのこっくりした味が、生クリームと絶妙に合うと思う。
チョコレートケーキも好きだ。
一口にチョコレートといっても種類はさまざまで、
スポンジとの組み合わせでもまた味わいが違う。
この頃よく見かける抹茶・小豆などの和風ケーキもいい。
チーズケーキも必ずチェックするのだが、
バリエーションが増えてて毎回悩まされる。

と、ここまで書いて気がついたが、
なぜかフルーツ系が出てない。
果物の酸味が得意でないからかな。

私に任せると、ケーキの箱の中はとても地味な色合いになる。






posted by 鉄 at 12:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。