2005年05月12日

パクるな!

先日、JALの国際線に乗る機会があって
機内で上映される映画を観た。

1本目は「アフターザサンセット」という
何の工夫もないタイトルの映画で、
なんだかなーと思いながら観ていたのだが、
最後まで観ての感想は、
やっぱり、なんだかなー、だった。

007シリーズでボンド役のピアース・ブロスナン主演で
クライム・ムービーとあったので、
その手の映画&小説大好きの私としては
タイトルのまずさはさておき、少なからぬ期待を
していたのだが..。

ブロスナン扮する稀代の大泥棒を
かつて彼に痛い目にあわされたFBI捜査官が
復讐のために追いかけ、世界にひとつだけ残された
ナポレオンのダイヤを盗むようにけしかけて逮捕しようと
する、というようなストーリーだったと思う。
(途中少しうとうとしてたもので細部まで覚えていない)

ダイヤを盗み出すシーンもどうってことないし、
ブロスナンの相手役の女性も、泥棒家業から足を洗えない彼に
愛想をつかして出て行った割には、
プロポーズの(陳腐な)セリフひとつで
元サヤって、どうよ?

というように、実になんということもないお話なのだが、
途中、ひとつ気になる箇所があった。

FBIの男が現地の美人警察官といい感じになるのだが、
怪我をした額にキスをしてもらったFBIが、
「ここも」ってかんじで頬を指差して、次に唇を...って
これと同じシーン、どこかで観たような。

「インディージョーンズ」だ。
ハリソン・フォードのやんちゃっぽいキャラクターと
少し自信なさそうな表情にとってもピッタリの演出で
好きなシーンだっただけに、
何でお前がするんだよっ!と
大人気なくもむかついてしまった。

2本目は、私も好きな俳優の一人、ジム・キャリーの
「レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語」だ。
これはとっても楽しい映画だった。
ジム・キャリーは相変わらず芸達者で、
くるくる変わる彼の表情を見ているだけで十分楽しいのだが、
子役の3人がまた、とーってもかわいいのだ。(特にサニー!)

ただ、ひとつ疑問が。
最後に両親の死の秘密が明かされる、と
思っていたのだが、あれ?どれが秘密なの?
もしかしてこれはエピソード1で、次がまた出るの?
それとも、時差ぼけで肝心なところを見逃したのか?

どなたかご存知の方、教えて下さい。






posted by 鉄 at 14:58| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月11日

気分一新

ということで、
デザインを変更してみた。

文章を、それも人に読まれるかもしれない文を書くのは難しい。

毎日読んでいる大好きなサイトがいくつかあるのだが、
みんなどうしてそんなに書けるの?!っていうくらい面白い。
へたな雑誌のコラムより面白いのだ。

まめな方はほぼ毎日更新して下さるし、
ネットにつながる環境があればいつでも読めるし、
気が向けばコメントも残せるし
それに対する返事ももらえる(全てのサイトではないが)。
しかもタダ!
自分好みのサイトを見つけた時は、
嬉しくてつい過去ログまで全て読んでしまうので
寝不足になってしまうほどだ。

そんな人気のブログを作っている人は、
きっと人間も魅力的な人なんだろうなあ。いいなあ。

自分もそんな魅力的なサイトを作りたいと思うのだが、
人間自体の力が足らないのか、文が今ひとつつまらない。
自分で思うくらいだから、読んでる人もつまらないだろう。申し訳ない。

精進します。





posted by 鉄 at 16:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月22日

好きかキライか

本小説を読むのが好きだ。
本屋で新刊の棚を眺めたり、
オススメのPOPなんかを見ていると
ワクワクしてくる。

休日の前の晩、
風呂上りのビール片手に
好きな作家の新刊を読む。
本読みの幸せを感じるひとときだ。
今日は何読もうかな。

本を好きになるかどうかは、
やはり身近にあるかどうか、でしょうね。
私の場合は父の本棚でした。
といっても、ほとんどが
趣味の将棋に関する本ばかりで、
小説やエッセイは数えるくらいしかありませんでしたけど。

それだから、余計目を引いたのでしょう、
山下洋輔「ピアニストを笑え」を手に取った時、
私のその後の読書傾向が決まってしまったと言えましょうw
いやーおもしろいのなんの。

そして、当然のごとく筒井康隆の世界へ
ドップリとはまり込んでいく訳ですが、
本当にすごい作家です、筒井康隆。
初めて全集なるものを買いましたよ。
十代の頃に彼の作品と出会えたことは
本当に幸運だったと思っています。
そこから始められた、ということが。

書評などを読むと、
さまざまな角度から作品を推し量り
読者への指針となるべく言葉を連ねておられますが、
ま、よく言われる通り、
おもしろければいいんです。
そして、
この作家の他の作品も読みたいと
思わせてくれれば。

以前、夢枕獏が書いていました。
「残りの一生で書ける枚数は限られている」と。
私達が一生のうちに読める本も
限られています。

あなたにも幸運な出会いがありますように。











posted by 鉄 at 13:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月21日

おたく、どう?

犬前々から言われていることだけれど、
オタクって、どういう人達なんでしょう。

一般的なイメージとしては、
1.興味のある分野について、とても熱心に
 話をする人
2.専門用語を多用する人
3.アニメ方面の情報に詳しい人
4.服装に若干問題がありがちで
5.お風呂に入ってなさそう
みたいな感じですか。

最初は、彼ら同好の士が集まって会話をするときに
相手のことを「おたく」と呼ぶことからできた言葉な訳で、
そこになんとも云い難い排他的な空気があり、
そういう閉じた付き合いに対して多少侮蔑の風味も込めて
人は彼らを「オタク」と呼んだのでしょう。
(実際にこう呼び合う人達って、そう多くなかったと思いますケド)

今は、どうなんでしょうね。
少し昔とは違った意味合いを感じます。

日本のアニメが世界中で大ヒットするようになって
その世界に携わる人達が
素晴らしい仕事をする日本人、
誇らしい日本人として
世間に受け入れられてきたから、なんでしょうか、
その周辺(の人達)にそそがれる視線にも
そこはかとない暖かさを感じるのは
私だけでしょうか。

ま、そんな世間などには頓着しないでしょうけどね、
アニヲタ。







posted by 鉄 at 12:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月19日

痩せる理由

目今さらだけど、ダイエットをする理由を自分なりに考えてみた。

痩せている方がかっこいいから、とか
素敵な洋服が似合うようになりたい、とか
好きな男の子に良く見られたい、とか。

でも、ダイエットしてる人は多いけど
実際に痩せられた人や、
結果に満足している人はあんまり多くないんだよね。

考えてみれば尤もな話で、
太っていなければダイエットの必要はないんだから、
今太ってるってことは、何か太る要因があるってことで。

それってば
甘いものが大好きとか
高カロリーの物が大好きとか
動くのがキライとか。
改善するのに非常に努力を要すること
ばっかりなんだよー(涙)

だからさ、
そういう要因を抱えたまま
何ら努力をしなかったが為に
鏡を見るのがつらくなるくらい
肥え太ってしまった自分に、
やればできるんだ!
自分で自分をコントロールして、
もう一度、自信と誇りと昔の体型を取り戻そう!
っていうのが
理由というか源というか、
そんなものかなあ、と。

日々争ってるんだよねー、自分の中で。
こんなとこでくじけて、恥ずかしくないのっ?ていう私と
だって今日はケーキがあるんだもん
チョコレートがおいしそうなんだもん
チーズがいっぱいのったピザが食べたいんだもん
ビールが私を呼んでるんだもーーんっ!っていう私。

...どっちもがんばれー。
posted by 鉄 at 11:11| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月18日

信じるということ

本日本の教科書(の一部)が、日本の
常任理事国入りに激しく反対を唱える中国や
竹島問題等で熱くなっている韓国の国民感情を
逆撫でしたようだ。
(しかし、中国の反日デモの映像に続いて、
北京にオープンしたスーパーマーケットの
買い物客であふれかえっている映像を見せられた日には、
一体どこが反日なんだと言いたくなるよ)

でも本当に腹を立てているのは、というか怒るべきなのは
これまで偏った記述しか載っていない教科書を与えられていた
日本のかつての子供達(私も含めて)でしょ。
だって、教科書だよ?本当のことが書いてあるって、
思うでしょ、子供だったら。
今の時代はインターネットもあるし、
昔より情報の幅が広いかもしれないけど、
それでも、膨大な情報の中から何を選ぶかという
難しい問題が残ってる。

私は最近ネットでいろんな情報を目にするようになって、
改めて自分の知識の浅さに愕然としています。
今まで、なーんにも問題意識なんて持っていなくても、
日々をのほほんと暮らして来れたからね。
でも、イラク戦争あたりから少しずつ、
あれ、何だか、世界と私は感覚がずれてないか?と
思い始めた。ぬるいよね、ホント。

同じ事を体験しても、感じ方は人によって変わる。
それはそうなんだろうけど、でも事実は歴然とあるわけだし、
第三者の視点というのもあるでしょう。
ただ闇雲に自分達の信じている事柄を人に押し付ける行為は
大変みにくいことだと、私は思うのですが、ねえ。

posted by 鉄 at 11:25| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月30日

愛するがゆえ

目カナです。こんちは。

鉄が毎月買ってる「本の雑誌」って本があるのだけど、
アンケート葉書がついてて毎回いろんなテーマで投稿を
するようになってるのね。

で、今月号のテーマはずばり「少女マンガ」!
んもーう、そーんなテーマ出しちゃったら、
投稿するしかないでしょうするでしょうそりゃ!

鉄から葉書を取り上げて、
鼻息荒くして、よーし!なんて考えてたら...
あれ?
どうしよう、決められない。(これじゃ昨日の鉄だよ)
だって、だって、ひとつだけだよ?
決められっこないよっむかっ(怒り)

悔しいからここに書くからっ!

萩尾望都全部!(特に「トーマの心臓」)
 黒ハート永遠に愛します。
杉浦日向子全部!(特に「百日紅」)
 たらーっ(汗)もう新作を読めないなんて(涙)
大島弓子全部!(特に「いちご物語」)
 もうやだ〜(悲しい顔)忘れられないセリフのなんて多いこと!
竹宮惠子(特に「風と木の詩」)
 ぴかぴか(新しい)最近ではジルベール派です
木原敏江(特に「摩利と新吾」)
 キスマークフィリップ系キャラが好きです
二宮知子「のだめカンタービレ」
羽海野チカ「ハチミツとクローバー」
吉田秋生「BANANA FISH」
山岸凉子「日出づる処の天子」
山本鈴美香「7つの黄金郷」
美内すずえ「ガラスの仮面」




誰か止めて下さい...ふらふら

posted by 鉄 at 14:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月29日

タイミングが大切?

犬ども、鉄です。
うちのパソコンは今年7年目(!)になるVAIOなのですが、
そろそろ買い替えを検討しようと、
昨日家電量販店へ行って参りました。

カナから渡されたメモを見ると、
・ノートPCで、
・TVを見られて(ハード別)、
・DVDスーパーマルチドライヴ付いてて、
・15万円までのやつ、と書いてある。
...無理でしょこれむかっ(怒り)

いろいろ見てると、やっぱり
ハイスペック機が欲しくなるんですよねえ。

でもパソコンって、みんなどのタイミングで購入するんでしょう?
どんどん新しい機能が出て、
どんどん値段が安くなって、
今買ったパソコンがどんどん古くなっていく...
ような気がして、なかなか購入に踏み切れないでいるのは
私だけでしょうか。
(そういえば昔、縄跳びに入るのも下手だった。。。)




posted by 鉄 at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月28日

熱いぜっ

目今朝の萌え萌えエントリが今になってこっぱずかしいカナです。こんにちは。
辛坊さんファンの皆さま、見てないと思うけどごめんなさい。
でも辛坊さんて、素敵ですよね?(まだ言うか)

ところで日曜日のお楽しみは「委員会」だけではないのでして...

時間的にちょっと厳しい朝6:30から、
アニメ「NARUTO」の放送があるのだ。
(私のとこでは日曜の朝だけど、地域によって違うようです)

初めて見たのはいつだったかなあ、
オープニングがハウンドドッグでエンディングがAkeboshiだから
もうずいぶん前だなあ。(「Wind」好き。)

で、このナルトのテーマソングの(選曲の)センスの良さ、
これは群を抜いてると思う。思うでしょ!?
私なんて、オレンジレンジ知ったのナルト見てからだし。
今のOPはサンボマスターで、当然カッコイイ。

お時間のある方は是非、歴代ナルト・ソング
チェックしてみてはいかがでしょうか。

個人的にはカカシ先生萌え黒ハートのカナでした。
犬...辛坊さんは?)


posted by 鉄 at 17:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

萌えいづる春

目ああ、悩ましい。
月曜の朝だから、じゃなく。
また今日も雨降りで洗濯物が乾かない!(怒)からでもなく。
(鉄は「水に降るなんとか」って能天気なこと言ってたけど)

私の心を占めているもの。それは...。

昨日、「たかじんのそこまで言って委員会」を見たのです。
そして、ああやっぱり私の目は貴方に釘付け。
TVの双方向放送が始まったら、きっと貴方だけを
見つめ続けることでしょう。
キャプテン海江田を求める聴衆のように、
もっと、貴方の言葉を聴きたい...

辛坊治郎さん、Love揺れるハート




posted by 鉄 at 10:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月27日

驟雨

犬橋から眺める景色が好きだ。
流れる水を見下ろすのもいいし、
遠く川を挟んで続く岸辺の風景もいい。
川面に落ちる雨の風情もなかなかよろしい。

「みずに降る雪、白うはいわじ 消えきゆるとも」
「片恋の俗曲」と言うが、実際にある唄なのか、
作者(木原敏江:「摩利と新吾」)の創作なのか。
今日のような雨の日に川辺を歩いていると、
ふと、この唄を思い出す。

そういえば、エドガーとマリーベルも
岬の家から海に降る雨を眺めていたなあ。

雨は人にものを想わせるらしい。
私は雨がきらいじゃない。










posted by 鉄 at 20:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月26日

春うららら

目お天気良くて、暖かくて、気持ちいいなー。
昔の人は、こんな日には何をして過ごしたんだろう。

杉浦日向子「江戸アルキ帖」に、猪牙舟の底に寝転がって
川下りを愉しむ場面が何度か出てくるんだけど、
これがすっごく気持ち良さそうなんだよねー。
春の日差しでお腹をあっためながら、
川岸の桜を眺めつつ、ゆらゆら、うとうと。
ああ、うらやましい。

そんなことを考えながら歩いてると、
ケーキ屋さんの店先に「季節限定苺のロールケーキ」。
...うーん、現代の春も悪くないかも。
鉄には抹茶のケーキにしようっと。
posted by 鉄 at 14:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月25日

菓子パン好き

犬ども、鉄です。

今日カナが「もらったー」と言って菓子パンを持って帰ってきた。
カナは、なぜかよく人から物をもらう。
家の畑でできたから、といって白菜。
誰も食べる人がいないから、といってひよこ饅頭。
カナちゃんすきでしょう?、といって純米吟醸酒。
総じて食べ物が多いようだ。
今日もらってきたのは、ヤマザキの菓子パンで
「ミニスナックゴールド」というロングセラー商品。
私もけっこうファンだったりするのだが、
先日買った「ハチクロ」7巻で、はぐちゃんがこれを食べてた(ような気がする)。
好みが一緒だ。ふふ。
...そうだね、君とも一緒だねカナ。半分残しといて下さいよ。

本日の晩御飯:茸と鮭のホイル焼き、野菜サラダ、白身魚フライ



posted by 鉄 at 19:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

こんにちは、カナです。

目鉄ともども、どうぞよろしく。

鉄は佳境に入った「陋巷に在り」に浸りきってて
せっかく古書店で手に入れた乙一本も積んだままだ。

購入した本を読まずに積んだままにするのは
鉄の癖のようで、私の知る限りで一番の古株は
2年前に買ったデニス・ルヘイン「シャッター・アイランド」だ。
これは結末が袋とじになってて、
読む決心がつかないのはそこにも原因があるのだろう。
せこい奴。

「サウンドトラック」も
「犬は勘定に入れません」も
「泣き虫弱虫諸葛孔明」も待ってるでー。
はよ読まんかい。

...って、今持ってるそれ、
6回くらい読んだ「虎口からの脱出」ぢゃん。

posted by 鉄 at 10:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月24日

はじめまして、鉄です。

犬第一回ということで、何から書きますか。
今日、仕事帰りに本屋に寄ったら
伊丹十三の「ヨーロッパ退屈日記」が平積みしてあってびっくりした。
復刻版が出たんですね。
ずいぶん前に読んで、えらいかっこいいなあと思ったのですが
改めて拾い読みしてみると、やっぱりかっこいいです。
買うかどうしようか迷いましたが、
酒見賢一「陋巷に在り」9巻と
高野文子「るきさん」を買ったので、次回にまわすことに。
明日はサッカー日本代表の試合を観なければ。

本日の晩御飯:鰈カラアゲ・ローストビーフサラダ・肉じゃが





posted by 鉄 at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。