2005年12月19日

言ったもん勝ちかよ

外国人からみると、日本人はどうも何考えてるかわからんらしいが
それは良くないことなのだろうか。

国民の4割がO型といわれるアメリカ人は特に
自らの感ずるところを実に表情豊かに表現してくれる。

「オーノーッ、ソレハ ワタシノ ニクデース!」

「オーマイガッ、アノウマノセイデ、ニマンエン スッター!」

「カマーン、アンナオトコノ ドコガイインダイ?オレノガズイブン(以下略)」

など、日本人ならば含羞の色と共に包み隠すであろう感情を
誠におおらかに、時にはジェスチャー付きでアピールして下さる。

本音で話す人は、わかりやすい。
あけっぴろげで親しみやすい。
嘘をつかない(つけない)から信用できる。

これらプラスの面も確かにあるだろう。
しかし、本来慎ましやかで遠慮深く、
己を律するに難くない日本国民の持つ美徳を
私達は忘れてはいけないだろう。

自己アピールもいいだろう。
多少の誇張も止むを得ない場合だってあるだろう。

しかし、しかしだ。

これはちょっとどうかと。自ら天使って。



isikawa.bmp


posted by 鉄 at 14:41| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月15日

わしらはみんな広島じゃけん(cナンバーワン・バンド)

昨日「マシューTV」でなまり亭を見た。
以前に放送された中からのピックアップだったけど
新山千春、可愛かったなあ。あのかわいらしさは何なんだ。

方言でしゃべる彼女の生き生きとした表情は
見ていてこちらまでにっこりしてしまうくらい魅力的だった。

方言といえば、昨日大阪出身の知人と電話で話したのだが、
仕事で関東圏へ引っ越して10数年経っていると思われるのに
関西弁は全く変わっていない。
話しているとこっちがつられて「変な大阪人」になりそうになる。

私は広島で生まれて広島で育ったので、
他の土地の言葉は知らない。
広島弁こそが自分のルーツだと思っているが、
関西弁には負ける。
まあ、私自身が関西弁好きということもあるだろうが
(小さな子供の話す関西弁のかわいらしさったらない)
簡単に引きずられてしまう。

彼「〜て思うやろ」
私「・・・そりゃあそうやんね」
(違う。そうじゃろう、と言えっ)

彼「〜と違うか」
私「・・・どうかな」
(はっきり、ようわからんけえ、と言わんかいっ)

堂々と関西弁で渡り合う彼にどうにか対抗しようと
なぜか不自然な標準語を持ち出す私。
勝負は見えている。

なまり亭の人気をみてもわかるように
今、アイデンティティーの確立は
方言で押し通せるか否かにかかっているのだ。

K君。
次は、負けん。かかってきんさい。




posted by 鉄 at 12:38| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月14日

付加機能に「ナイトライダー」も夢でないかも

何かともの要りなこの時期、
また新たな物欲が。

803T.bmp

携帯電話の耐用年数が年々短くなってきているので
ポイントの溜まる暇が無い。
只で配っていた頃もあったのになあ。

それにしても、料金形態複雑すぎ。
posted by 鉄 at 12:47| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月09日

酒の肴にもなります

天ぷらそばが好きだ。
時々無性に食べたくなる時がある。

別に蕎麦屋でなくても、カップ麺でも良いのだけれど
そのカップ麺でちょっと気になることがある。

CMをみていると、どのメーカーの天ぷらも
「後乗せ」で「サクサク」を売りにしているようだが
あれって本当においしいのだろうか。

天ぷらそばの天ぷらは、だし汁に浸かって少しほとびて
ふわふわと分裂し始めた時が一番うまいんじゃないか。
口に入れるとじゅわっと汁が染み出してきて
それがゴマ油の香りとあいまってなんともいえずうまい。
私なんかはわざとカップの一番下に天ぷらを入れるくらいだ。

かりかり状態の天ぷらなんて油っぽいエビ煎餅みたいで
ちっともおいしいと思わない。
世間は違うのか。同志はいないのか。

サクサク派の冷ややかな視線に、
(味のわからない貧乏人)
(常識から外れたイカモノ食い)
(キモイ)
(変態)
といわれ続けた不遇の日々。

しかし。

私はひとりじゃなかった。
だって、あの人も好きだって。ほら。ね。



soren2.bmp
posted by 鉄 at 12:58| Comment(3) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月08日

決まりごとの愉しみ

私は一介のサラリーパーソン(cおろちょん氏)であるので、
職人と呼ばれる方々に憧れがある。

自分の腕ひとつで世間を渡って行く。
ちょっと融通の利かない頑固者だが
仕事はあくまで誠実にこなすので周りの評価は高い。
その道の通に「あの人に頼めば間違いないよ」と言わしめる
静かな佇まいの横顔(イメージ)。
ええなあ。

実は先日、泡坂妻夫著「蔭桔梗」を読んだのだ。
自身が紋章上絵師(着物に家紋を入れる絵師)である作者の
1990年度直木賞受賞作(表題作)を含む短編集だが、
これが実にしっとりさらさらと素晴らしい感触の作品ばかりなのだ。

紋章上絵師という職業があることさえ知らなかった私にとって
この小説に登場する絵師達の仕事はとても新鮮で奥深く、
またそこはかとなく色香漂うというなんとも心騒ぐ世界である。
今までこんな作品世界を知らずにいたことが悔やまれる。

私がこの本を手に取ったのは本当に偶然というか全くの気まぐれからで
某大手古本屋チェーンの百円均一棚で見つけたのだ。
小旅行をする予定があって道中読むのに選んだうちの一冊なのだが
正直あまり期待はしていなかった。
というのも以前同じ作者の「乱れからくり」を読んで
あまりぴんとこなかった記憶があったからだが
こんなにいい小説を書く人ならもう一度読み返してみるかなあ。

ほんのたまにだが、こんな素晴らしい出会いをもたらしてくれるのだから
古本屋めぐりはやっぱりやめられない。

kagekikyou.bmp




posted by 鉄 at 13:21| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月07日

人間はみんな一人だから(c沢田研二)*

マイブームという言葉がある。
世間の流れとは関係なく訪れる「俺様流」のことだが、
私の場合、それがいくつかのカテゴリに分かれている。

まず、音楽ブーム。
とにかく聴きたい。
いつでも聴いていたい。
ジャンルはその時々で変わるが
今のところはサンボマスターあたり。
この時期には携帯音楽ツールが欲しくて欲しくて
買おうかどうしようか真剣に悩むのだが、
程なくブームが過ぎ去り買わないまま今日に至る。

それから活字ブーム。
これは読んだり読まなかったりではなくて
すごく読んだり少し読んだり、という感じ。
とてもおもしろいSFに出会ったりすると
活字・SFブームへと進化したりする。

そしてお友達ブーム。
人に会って話したり
食事したり
飲んだり、ということを
無性にしたくなる。
ま、人恋しくなってる訳ですな。

今、まさに私に訪れている
このお友達ブーム。
この時期にはありがちなのだろうが
やはり人が楽しそうに歓談しているのを
横目で見ながらの一人酒は、少々つらい。

まだまだ修行が足りんのお。


*沢田研二・田中裕子夫妻の長男の名前「一人」の由来
posted by 鉄 at 11:39| Comment(2) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月29日

弥勒菩薩はどこに

人はみな、見たいものを見て、聞きたいことを聞く。
現実はどうであれ、見たもの、聞いたことが
その人にとっての真実なのだろう。

今朝のニュースで、どこの国だか忘れたが
「1年間飲まず食わずで瞑想を続ける少年」がいると報じていた。
映像には少し痩せ気味ながら血色のいい美少年が
神妙な面持ちで目を閉じて座っていた。
ご丁寧にも菩提樹の洞の中に、である。

ここまでやってくれれば、いくら鈍い私でもわかる。
菩提樹の下で悟りを開いたといわれているあのお方に
リスペクトしているのだろう。
「生まれ変わり」などという発言もあったりして
毎日大変な数の人が訪れているらしい。

信仰の自由は大多数の人に認められている権利の一つだろう。
本人が信じると決めたのなら何であろうと(害がないものであれば)
他人がとやかく言えるものではない。

いくら
「人間が飲まず食わずでいたらひと月も持たんだろ」とか
「夜、カーテンの後で彼はナニをしているのか」とか言ったところで
お互い何も得るものがないのであれば、
「信じるものは救われる」というアフォリズムをもって
自分を納得させるしかないのかも。

今後は、彼がいつ立ち上がって天地を指差すのかに注目したい(間違い)。












posted by 鉄 at 15:46| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月18日

お前はもう死んでいるか、あ?

昨日、久しぶりにジムへ行ってきた。

私の行っているジムでは、日替わりでいろんな
エクササイズのクラスがあり、誰でも自由に参加できて
時間もほとんど30分くらいと短いので
気楽に受けられてなかなか良いのだ。

で、初めてヨガのクラスを体験してみた。
以前から興味はあったけれど、
教室に通うほどでもないし、
なんとなく先生によっては電波なニオイがなくもないし、
どうなんだろうなーと思いつつ未体験だったのだが・・・。

「ツリーのポーズ」という片足で立って
両手を頭の上に伸ばすポーズ(フラミンゴ立ち)。
まず片足で立つことができない。
2.5秒くらいしか持たないのだ。
先生が「視線を一点に集中して」と言うので
必死で一点を凝視するも、その怖い顔のまま体が斜めになっていく。

「三角のポーズ」なんかもっとひどい。
砲丸投げの構えのまま姿勢を低くしたようなポーズなのだが
「自分の真上の一点を見ます」といわれても
体が捩れてくれない。上を向けない。
仕方なく目だけぎろっと天井を睨む。
ほとんど前衛舞踏である。

過酷な時間が過ぎ、やっと照明が落ちてクールダウンへ。
やれやれと思いつつ寝っ転がっていると、
先生の声が。

「これは死体のポーズです」
「全身の力を抜いて」
「体の重さをすべて床に預けて」
「屍のように横たわります」
「自分自身の意識を内側に向けて」
「体に溜まった汚いものや悩みやストレスを吐き出して」
「頭の中は無に保ちます」

・・・先生、死んでる人に無茶なこと言わんといてー(泣)







posted by 鉄 at 12:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月15日

松本人志しっかりもの説

昨日「HEY!HEY!HEY!」で、筆跡鑑定をやっていた。
ああいうのは何ですか、鑑定業界共通の見識とかあるのですかね。

辺とつくりの間が空いていると心が広いとか
跳ねがしっかりしていると粘り強いとか
口の字などの隅が空いているとお金が貯まらないとか
(宇多田ヒカルに向かって言ってましたが)
まあなんというか、失礼ながら適当感は否めませんでした。

しかし、自分を誰かに診断してもらいたいとか
評価をして欲しいとかの願望は誰しもあるもので、
かくいう私も筆跡鑑定、一度受けてみたいと思っているのですが
なぜか書くたびに字面が変わるという悪癖があるので鑑定は難しいかも。

何年か前に書いた字を見ても自分の字とわからないというのは、
やっぱり分裂症でしょうか、先生。






posted by 鉄 at 12:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月14日

苦節8日間

こないだから、ずーっとずーーっと来て欲しかったねこが
やっとうちにも来てくれました。

何度お招きしても来てくれなくてもうダメかと思ったけど、
あきらめなくて良かった(涙目)

名前は「くろ」。
どうぞよろしく。
posted by 鉄 at 14:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。